2019.10.10 Thursday

ダージリンと吟醸酒の共通点

0

    越乃寒梅や久保田といったおいしいお酒の製造を指導した方が、食事をしながら飲むのなら、純米のぬる燗がいい、と書いていました。香りの強い吟醸酒は、その香りがときに、食事のじゃまをする。そんなことだったと思います。

     

    ふーん、そうなんだ。でも、そうかも知れないなあ、ぐらいの理解で、何となく、飲みに行ったときには、(たくさん食べる方なので)ぬる燗の純米を注文していました。それと同じようなことをつい最近、痛感したのです。ダージリンのセカンドフラッシュのサンプルを飲んだ時に。

     

    緯度の高い地域で栽培される紅茶は、緑茶とちがって、一番香りも味もすぐれたベストシーズン、クオリティシーズンがその年の最初に収穫される一番茶とは限らず、ダージリンの場合は二番茶、初夏に採れるセカンドフラッシュがもっとも優れています。

     

    一度浮いた茶葉がお湯を含んで重くなって落ちたり、滞留でまた浮いたり。

     

    熟れた果実のような甘い香りとコクのある味が楽しめて。そうなんだけど、これを朝食といっしょに飲もうとすると、何ていうんだろう、たっぷりした香りを嗅いだだけで、おなかがいっぱいになってしまう。パンやジャムの味と拮抗するくらい香りが強い。

     

    人工的に香り付けをしたわけじゃないのに、よくもこんなに豊かな香りがするなあ、と感心するのですが、でも、その香りがどうもなあ、と。そう思ったときに、吟醸酒の話を思い出したのです。

     

    そして、紅茶を選んでくれている小原春香園の小原社長に電話してみたら、「そりゃそうです。パンやお菓子なんかと合わせるのならセイロンティやアッサム。自分も午後に紅茶だけで香りや味を楽しみたいときに、ダージリンを飲んでいます。」あ、やっぱりそうなんだと思いました。

     

    でも、そういったアドバイスってあまり聞きませんよね。提供する僕たちがまずは実感してお客様にお伝えする必要を感じたなあ。

     

    2019.09.12 Thursday

    禅寺の茶礼が原型

    0

      茶道を習い始めて10ヶ月くらい。最初は略盆といういちばん初歩的なお手前、そのあとはお薄、これからお濃いと進んでいくそうです。お薄をならっている間も、冬になると炉といって囲炉裏に炭をおこして、大きな鉄瓶でお湯を沸かす。

       

       

      春になると、風炉といって、畳の上のこんろで。夏は茶箱。小さな茶箱の中に野点ができるように茶碗、茶筅、茶巾、茶杓、棗とひととおりの道具が入ったものを、つかって茶を点てる。

       

      茶箱の中に、茶碗、棗、茶杓、茶筅、茶巾などが入っている様子。

      その間、床の間の掛け軸と茶花は季節で変わっていく。お茶はもともと中国から修行中のお坊さんがつたえたもので、禅寺の庭先で栽培し、座禅をしているときの睡魔に備えたり、またお寺での作法のひとつとして発展したのが今の茶道の原型のようです。

       

      中身を取り出して、お手前を始める前の段階。

      四季の変化に恵まれ、それによって養われた日本人の繊細な感覚がなんと洗練された作法として育んでいったのだろうと、習いながら感じることしきりです。

      2019.08.29 Thursday

      浴びるようにお茶を飲む

      0

        学生だった20歳の頃、学校へはちっとも行かず(正確には講義を受けず)、本や映画やクラシックの音楽に夢中になっていた時期があります。よくわからないままに、好きなことに思い切り打ち込んで過ごすことがとても大切に思えて。

         

        当時健在だった名画座や名曲喫茶へ毎日のように足を運び、好きな作家の本は文庫で出ているものはなるたけ全部読むという具合に。そうすると例えば小説なら、物語は一作ごとにちがうわけだけど、にもかかわらず、その作家の文体や息づかいをとおして、あ、この人はこんな人なのかも知れない、というように人柄や性格が感じられるようになります。

         

        これとおなじことが、嗜好品と言われるお茶なんかにも当てはまるように思えます。ムジカティの堀江さんと出会って紅茶に目覚めてしまった僕は、毎日ポットにたっぷりと紅茶を淹れ、それを朝のデスクワークの間、最初はストレートで、1時間ほどして朝食の時には、ミルクを加えて飲んでいます。

         

        そうしてひと月くらい、おなじお茶を飲み続けるとそのお茶の特徴がからだで感じられるようになっていく。量をこなすことで得られる理解というか、浴びるようにお茶を飲むことの効用といったらいいのか。

         

        Calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << October 2019 >>
        高木園Webサイトはこちら
        www.takagien.co.jp
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM