2019.06.27 Thursday

セイロンブレンドの傑作に感動

0

    朝はもっぱら紅茶で、お湯を沸かし、小さいな気泡がいくつかできてきたら、温めておいたティポットに紅茶を入れて、お湯を差し、蓋をしてティーコジーをかぶせる。

     

    この保温のためのティコジーをするのとしないのとでは、紅茶の冷め方だけでなく味にも影響があるそうです。ゆっくりさめるのとどんどんさめていくのでは苦み渋み成分の溶け出し方がちがうんだと。

     

    ところで、紅茶は100gくらいずつを産地を変えて飲んでいるので、だいたい2週間くらいはおなじのを飲んでいる。だから毎日おなじ味と香りが楽しめそうなものですが、そこにいわゆるがさつな性格というものが現れるのか、ほどほどにおいしかったり、ほとんど香りが立たなかったり、かと思うと、びっくりするくらい味も香りも素晴らしい時があります。

     

     

    これではとても喫茶店のようにお金をもらえないな、と思うのですが。で、昨日も、ラブリー・アフタヌーンというセイロンティを飲んでいたら、あんまりうまいのでおもわず声を上げてしまったくらい。

     

    この紅茶はディンブラというセイロンティがベースで、ソフトで女性的な味わいがします。日本の軟水との相性も良く、日本の紅茶専門店が値頃で美味しい紅茶として紹介することも多い。このディンブラに、ウバというおなじセイロンティでありながら、サロメチールのようなメンソールのような香りをもつ紅茶をほどよくブレンドしています。

     

    ウバは、インドのダージリン、中国のキーマンとともに世界三大紅茶にかぞえられる紅茶ですが、そのウバの魅力がもっともよく発揮されたベストシーズンの茶葉をつかっています。その贅沢なブレンドがちゃんとおいしくはいるとどうなるか。

     

    ソフトでおだやかなディンブラの味わいにキリッとしたウバの上品な渋みとコクが加わり、飲みやすいとは言ってもどちらかといえば平板だったディンブラの味にアクセントができて、立体的なおいしさになります。さらに、ベストシーズンのウバのもつメンソールのような香りがその味をさらに引き立てる。

     

    こういうのをキャラクター(性格)が立っているというのかもしれませんが、とにかくドンピシャリのおいしさに感動してしまいました。

    2019.01.29 Tuesday

    セイロンティと日本の水の相性

    0

      九州や北海道、台湾なんかよりも一回りおおきなセイロン島はインドの東南に位置する、スリランカという島国でインド、中国、ケニアに次いで世界第4位の紅茶生産国です。標高や茶園の向き(北向きとか東向きとか)によってつくられるお茶の特徴がちがい、いわゆるセイロンティにはさまざまなタイプがあります。


      紅茶に限らず標高と香味には密接な関係があって、一般に高地で育つお茶ほど香り高く、味が繊細(インドのダージリンなどが典型)。低地になるほど、日照時間の長さも影響して葉肉が厚く、したがって濃厚なコクのある味を持ちながら、どちらかといえば香りは弱くおとなしい(インドのアッサムティとか)。

       

      スリランカの茶園の様子

       

      だから、同じセイロンティでもローグロウン(低地で育った)ティのルフナはアッサムティのようにコクがあり、ミドルグロウン(中腹で育った)ティのキャンディはルフナよりは軽やか。


      そして最も高品質のハイグロウン(高地で育った)ティには、キリッとした爽快な香味が持ち味のヌワラエリヤ、ダージリンや中国のキーマンとともに世界三大紅茶に数えられ、メンソールのようなサロメチールのような香りが特徴のウバ、おなじくハイグロウンティでありながら、ヌワラエリアやウバにくらべて、香りはおだやかで味も女性的=ソフトでやわらかいのがディンブラです。

       

      穏やかでやわらかいといっても、なにしろ高地のお茶だから、アッサムティのようなたっぷりした味わいはなく、わずかの渋みを伴いその結果、後味が爽やかです。そんなとがったところもなくパンチもないけれど、バランスがよくて、のみやすい。

       

       

      それは、主観的な比較で言うと、日本の緑茶のやぶきた、それも牧之原あたりでとれる蒸し加減が中くらいのお茶が、もっとも多くの日本人の味覚にマッチしている事情と似通っているように思われます。だから日本の紅茶専門店では、普段使いのおいしい紅茶としてディンブラを提案している店が多いと思う。

       

      大阪の小原春香園の小原社長によれば、日本でディンブラがのみやすく、ヌワラエリアやウバの渋みがきついのは、水の影響もあるそう。


      現地のセイロン島のヌワラエリアやウバの茶園の標高は2千メートルくらい。そこの水は日本の軟水と違ってヨーロッパなどと同じ硬水らしく、その水で飲むと香りも味も素晴らしい。だから何杯でも飲んじゃう。なのに日本の軟水で飲むととっても渋いお茶になってしまう。

       

      お徳用ディンブラTB2g50個入 1080円

       

      ところが、ディンブラは軟水で淹れるとまろやかさが増してとてもおいしい。セイロンティの高品質のお茶のなかで、とりわけディンブラが日本でのみやすい紅茶と評価されるのは、実は水との相性もあるのでしょうね。

      2018.11.25 Sunday

      セイロンティ、ディンブラと「やぶきた」の共通性

      0

        アッサムティのオレンジペコー(大きな葉っぱの上級品)を飲み続けていた時、コクがあってまろやかで、それもスケールの大きなまろやかさとコクを感じ、それでいて渋味がとても少ないことに南九州を中心に栽培されている緑茶品種「ゆたかみどり」のイメージが重なった。

         

        まあ、おなじ品種でも加工の仕方や栽培地の標高や日照時間のちがいによってずいぶんテイストがちがってくるだろうからもちろん一緒くたにはできないけれど。「やぶきた」よりも大柄なたっぷりした味わい、数日間遮光をすることで渋味が少ないこと、などが共通項のように感じました。

         

        これと同じようなことが、セイロンティのディンブラと、牧ノ原など平地でつくられる「やぶきた」にも言えるように思います。スリランカで採れる紅茶、セイロンティにはもちろんたくさんの種類があります。

         

        主に高地で育つハイグロウンティのウバ、ヌワラエリヤ、ディンブラ。中腹で栽培されるミドルグロウンティのキャンディ。低地でつくられるローグロウンティのルフナなどで、標高の高いところで育つお茶ほど香りがよく、味も澄んでいる。

         

         

        ウバはメンソールのようなサロメチールのような香りをもつけど渋味も強い。ヌワラエリアは、日本の高地で採れる緑茶に近い、爽やかな香りとキリッとした渋味を伴う。そんな個性的なハイグロウンティの中にあって、ひとりディンブラだけが、香りこそおとなしいけど、ソフトでやわらかな味をもち、渋味も少ない。

         

        この女性的とも言えるティストが日本の紅茶市場においても、多くの人に好まれる魅力=The紅茶として支持されているようです。アッサムティのようなたっぷりとした味わいはないけれど、繊細で優しい顔を持つ。

         

        それは日本の緑茶のスタンダードといえる牧ノ原など平地でつくられる「やぶきた」がもつほどよいコクと甘味をもちながら、わずかの渋味が作用して爽やかな後味を残す。それゆえに毎日飲み続けても飽きることがない。という事情に似ていると思うのです。この仮説、間違っているかなあ?

         

        Calendar
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << July 2019 >>
        高木園Webサイトはこちら
        www.takagien.co.jp
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM