<< 食べ過ぎにご注意・・・絶品!新海苔佃煮 | main | 幼稚園児のママたちにお茶教室 >>
2015.01.17 Saturday

世界をゆたかに理解するために・・受験生の甥へ

0
    差し入れに送ったアイスです。

    センター試験(僕の頃は共通1次といっていました)を受験する甥に、ふた月くらいまえ、はげましの手紙をアイスクリームの差し入れに添えて送りました。当事者はだれもでもそうでしょうけど、不安とプレッシャーを感じながらの勉強一色の日々に、年に2,3回逢うくらいのオジサンからエールが届いてもいいだろうと。

    その中で書いたことは、今は夢中で、そんなことを考える余裕もないだろうけど、ときに受験勉強なんていったい何の役に立つのだろう?もしそう考えることがあったら聞いてほしい。実はこれがとても役に立つのです。

    とりわけ国立大を受験するためにたくさんの教科を学ぶことが。そんなふうに思えるようになるのは、大学生になり、あるいは社会人になって自ら必要を感じ興味をもちものを学ぼうとするときです。

    僕自身もそれこそ50の手習いで、紐解きだした「基礎からよくわかる英文法」の前書きにはこんなことが書かれていました。「英語には、中学英語、高校英語、受験英語などというものはなく、あくまでも英語であって、ただアルファベットの学習から次第にレベルが高くなっていくだけのことですから・・・」。

    たとえ受験だろうがものを学ぶということに変わりはない。そして複数の教科を修めることはバランスの取れた視野を提供してくれることはもちろん、興味をもったジャンルへの学びを非常にスムースに導いてくれるでしょう。

    世にたくさん出ている岩波新書をはじめとする新書とは、専門家が専門でない一般の方むけに、専門の内容をわかりやすく教えてくれるものですが、そういうものを読むときでさえ、僕など途中で躓いてしまうことがあります。

    光合成とか発酵とか熟成とか、を調べ読んでいくと、物理や化学や生物の(たぶん)初歩的な知識がないばっかりに。だから、君がいま毎日悪戦苦闘している受験勉強は、将来、世界をゆたかに理解するためのたいせつな学びなのです、きっと。・・なんて書きました。
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    高木園Webサイトはこちら
    www.takagien.co.jp
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM