<< 世界をゆたかに理解するために・・受験生の甥へ | main | 理想の接客とは >>
2015.01.19 Monday

幼稚園児のママたちにお茶教室

0


    日本茶インストラクターといって、お茶のおいしい入れ方や健康効果、そして魅力。そういったものを伝える活動をする資格があります。自分もその一人なので、よく公民館とか学校の授業などにお呼びがかかる。

    公民館は、平日の午前中であることがおおく、したがってご年配の受講者がほとんど。みなさんお元気なんですが、講義(というほどのものじゃないけど)を聞いているのは最初のうちだけで、途中からお茶菓子が出る頃になると、わーと話に花が咲いておわってしまう。

    高校生はというと、お茶といったらペットボトルだと思っている子がほとんどで、お家に急須があるのかなあと心配になるくらい。お茶を淹れても紅茶を飲ませても渋いというし、珈琲は苦いと。

    それで砂糖をタップリ入れたチャイ(煮出しのミルクティ)を作ってあげると喜んで飲んでいる。デザートがケーキとアイスクリームのときなんかさっきまでおしゃべりに夢中だった連中が、黙々と食べている。かわいいものなんですけどねえ。

    でもそんななかでも、クラスに一人くらい急須を使って上手にお茶を淹れる子がいます。そういう子はお母さんやおばあちゃんがお茶好きなんですね。小さい頃からお茶を飲んで育ってきている。ああ、そうか、子供が小さいお母さんに向けてお茶教室をしたらいいんだ、とそのとき思いました。

    お母さんがおいしくお茶を淹れてあげると、まずお子さんの味覚が育ちます。家族でお茶を飲む時間が自然と増えていきます(家族のコミュニケーションが増しますよね)。そして子育てやお仕事で大変なお母さん自身のストレスをやわらげる効果もあるでしょう。


    ・・・というくだりが、このような趣旨でスタートしたいわき市船戸幼稚園の園児のママさんを対象におこなったお茶教室の導入部です。日本茶、紅茶、烏龍茶とそれぞれの魅力と淹れ方のポイントを伝え、お茶菓子をたべながら実践もしていただきました。

    なかなか好評だったようです。今年は、この企画を積極的に実行していきたいと思っています。ミッションというと大げさだけれど、自分がささやかながら世界に貢献できる数少ないメニューだとも思って。また、このときの原稿をこのHPのTOPで(緑茶・紅茶・烏龍茶の淹れ方)紹介しています。興味のある方はご覧ください。
    コメント
    ブログ早速ありがとうございます
    中央台北小学校のトークリレーの講師を
    快く引き受けて頂き大変感謝しております
    当日はPTAのお母さん達と本物の美味しいお茶のいれ方や味わい方を教えて頂き参加した皆さんがお家でお子さんやご家族にワンランク上のお茶の時間が共有出来るようになるといいなと楽しみにしております
    よろしくお願いいたします
    • 高杉
    • 2015.01.20 Tuesday 11:07
    コメントありがとうございます。
    より多くの方にお茶に興味を持っていただけることはうれしいです。

    よろしくお願いいたします。
    • 高木園店長
    • 2015.01.23 Friday 09:39
    コメントする








     
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    高木園Webサイトはこちら
    www.takagien.co.jp
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM