<< 食事と夢のある話を満喫・・食堂「ヒトト」 | main | モーニングティのためのしゃれた小道具 >>
2017.10.12 Thursday

濃くて苦くてあまい珈琲・・神田伯剌西爾ブレンド

0

    神保町は不思議な魅力を持った街です。もちろん、言わずと知れた本の町で、その規模は世界一らしい(築地みたいですね。世界一の魚市場だっていうから)。そして、まあこれはわからなくはないけど、喫茶店が多い。

     

    ミロンガ、ヌオーボ、さぼうるなどの老舗から最近はやりの店内焙煎した珈琲をその場で飲めるスタイルの店、それとジャズ喫茶もたくさん。これに加えて、なぜか中華料理店とカレーの店が多いのです。

     

    中華店には魯迅とか周恩来とかが日本に留学していたときに故郷の味を懐かしんで訪れていた店もある。カレーにいたっては、エチオピア、共栄堂、ボンベイをはじめとして、スパイシーなインドカレーからコクのある欧風カレーまであらゆるタイプのカレーが食べられる。

     

    ここ数年は神田カレーグランプリなるイベントもやっていて僕が食べに行ったカーマというお店でもラリーのスタンプをスマホにもらっているお客さんがいました。神保町にこれだけ飲食店ができた理由は、30年以上前、この地にキャンパスをもった大学や予備校では、今のように学生食堂などが充分に整備されていなかったかららしい。

     

    明治、中央、日大、専修、医科歯科大、順天堂、駿台など日本一多い学生の胃袋を充たすために、飲食店がつくられていった・・。といったこの街のユニークな成り立ちが書かれた本(「神保町書誌孝」)があります。著者は鹿島茂さんで、大好きで興味もあるのですが、なにしろ4000円もするから目下検討中。

     

    ところで、神保町の中心部付近小宮山書房の地下に「伯剌西爾」という老舗の珈琲店があります。ここのブレンドはおいしいですよ。とっても濃くて、苦くて、けれどあまい。

     

    苦味がありながらあまみを感じる、というのは深煎りの焙煎で、鮮度の良い豆を、上手に淹れているからそうなるように思えます。ビターなのに、嫌味がなくて後味があまい。このオリジナルブレンドは自家焙煎らしい。

     

    こういう味を提供したい、という明確なイメージを持ってブレンドし、焙煎して、それを丁寧に淹れている。そんな珈琲への愛情と情熱を感じさせます。帰りに豆を200g、カフェバッグを3個買ってきました。でも、家で淹れるとなかなかお店のようにいかないんだなあ。

    神田伯剌西爾のHPはこちら・・http://brazil.nobody.jp/

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    高木園Webサイトはこちら
    www.takagien.co.jp
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM