<< 紅茶とティーコジー:お茶帽子 | main | 夏のお茶の愉しみ方は? >>
2018.05.10 Thursday

緑茶を淹れるのにどんな急須がよいのでしょう?

0

    JUGEMテーマ:コラム

    緑茶(煎茶)であれば、帯網のついた急須がいいと思います。急須の壁面を縦にぐるっと網がとりつけてあるものです。理由は、最近のお茶は概して粉っぽく、急須がつまりやすいからです。それで細かく粉っぽいお茶でもつまりにくい帯網タイプをオススメしています。

     

    お茶の葉が粉っぽくなってきた理由は、深蒸し茶の普及でしょう。上級品と言われた香り高い山間部のお茶に対して、渋味が強く香りもパッとしない牧ノ原などの低地のお茶の評価は低かった。

     

    ところが蒸すという工程を従来の2倍の時間にしたら、驚いたことにとてもおいしいお茶に生まれ変わったのです。これが深蒸し茶です。

     

    深蒸し茶は、お湯が熱くても濃く淹れても苦くも渋くもならずまろやか、茶液の色も山のお茶の山吹色と違って鮮やかな緑色、そしてお茶の成分がお湯に溶け出すのも早い。淹れ方も簡単で手間もかからず、おいしい。

     

    それで都会の下町から人気に火がつき、日本中を席巻していきました。結果、生産家も一様に蒸しを深くするようになり、そのせいで、急須がつまりやすいのです。

     

    帯網の急須は、深蒸しをはじめとする粉っぽい細かいお茶にも十分対応できますが、できましたら、ひとつだけ心がけて頂きたいことがあります。お休みになる前にゆすいだ急須にたっぷりと熱湯を張って一晩置いて頂きたいのです。網と急須の間に茶殻が固まってしまうのを防ぐためです。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    高木園Webサイトはこちら
    www.takagien.co.jp
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM