<< 夏のお茶の愉しみ方は? | main | オールドビーンズでつくられたアイス珈琲 >>
2018.06.11 Monday

オールドビーンズとは?

0

    その年の最初に摘まれたお茶を新茶といい、翌年の新茶がでると前年のそれは古茶と呼ばれるように、珈琲も新しく収穫された豆を新豆、一年以上前の豆を旧豆、オールドビーンズといいます。

     

    お茶、ことに緑茶の場合は、新茶が出ると、去年のお茶は二束三文の扱いだけど、珈琲の場合はちょっとちがうみたい。ちゃんと管理された珈琲豆は、新豆にない魅力を持ち、それをひきだす焙煎家、そして好んで楽しむファンもいるから。

     

    ブラジルのシモサカ農場から毎年とどく豆は、農園オーナーの下坂さんが厳選した優良豆ばかりでしたが、販路が不充分だった当時、新豆がきても、1年前や2年前の珈琲豆がまだ残っていたのです。

     

    ところが、代理店であるブラウンチップの母体が繁田園という大きなお茶屋さんであったために、冷蔵設備が充分あって、そのおかげで、在庫となったふるい珈琲は理想的な水分の抜け方をしました。

     

    その結果、すっきりと軽く飲みやすい珈琲となって。オールドビーンズのお手本のような豆でした。

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    高木園Webサイトはこちら
    www.takagien.co.jp
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM