<< 渋いお茶が飲みたい | main | アイスチャイ、アイスミルクティはいかが? >>
2018.07.29 Sunday

実は、こどもはお茶が好き?

0

    地元にできたスーパーマーケットのオープニングで依頼され、お茶の詰め放題をやりました。通路が渋滞するほどの混雑、そこら中で試食を食べているお客様が多いので、売上よりも、口をすすぎ、喉を潤すためにお茶を振る舞おうと努めて。

     

    丸2日やってへとへとですが、なかなかおもしろい発見もありました。それは、幼稚園から小学生くらいのお子さんが好んでお茶を飲みたがり、おいしいと喜んで飲んでいく。

     

    もちろん、お湯を冷まし、苦味渋味が出過ぎないよう、甘味うま味とバランスのとれた味を心がけてはいましたが、試飲なので濃いめに少量を淹れたので、ちょっと苦味はあったかもしれない。ですが、ほとんどの子どもさんがおいしそうに飲んでいく。

     

    これにはちょっとびっくりしちゃった。以前にもブログに書きましたが、高校の家庭科の授業で、お茶教室をやったとき、大部分の子がお茶はペットボトルで飲んでたし、急須のない家もあった中で、クラスに一人くらい上手にお茶を淹れる子がいる。

     

    それはその子の家族、ご両親やおじいちゃん、おばあちゃんがお茶好きで、いつも見よう見まねでやっていたかららしい。そんなふうに環境に恵まれることがお茶好きの子が育っていくのには必要なのだと。

     

    でもそんな僕の仮説は間違っていたのかもしれません。お茶は、苦味渋味もともなう、言ってみれば大人の味だから、子供の味覚とは合わないのだ、というのはとても浅はかな誤解なのかもしれない。

     

    熱湯で淹れたビリビリするくらい渋いお茶を飲まされたら、閉口しちゃうけど、おいしく淹れたら喜んで飲む。あ、こどもの味覚って実はとても柔軟なのかなあと。そんなことを感じ続けた2日間でした。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    高木園ネットショップはこちら
    www.takagien.co.jp
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM