<< アイスチャイ、アイスミルクティはいかが? | main | お茶のおいしい淹れ方は? >>
2018.08.27 Monday

紅茶の香りに誘われて

0

    緑茶を飲むとき、口に含む前に香りを楽しむ人は少ないでしょう。かくいう僕自身がそうでした。そんな自分が香りを味わうことを意識するようになったのは紅茶(ウーロン茶もそうだけど)を好きになってからです。

     

    紅茶はダージリンやウバをはじめとして明確な個性をもった香りが楽しめます。ウーロン茶だって、鉄観音も黄金桂も東方美人もそれぞれの香りが味とともにお茶の魅力を感じさせる。実は緑茶も中国で作られたものは、香りに特徴があります。

     

    けれど日本の緑茶は、総じて香りがおとなしい。それは日本の緑茶の特徴である蒸して作るという製法上の制約があるから。蒸すことによって、味は良く保たれるけれど、香りが弱くなってしまう。

     

    加えて苦味渋味を抑えるために蒸し時間が昔に比べて長くなっているから、余計にそうなってしまった。その結果、香りを嗅いで楽しむという行為に自然に誘われることが少ないのでしょう。

     

    紅茶もウーロン茶もそれからワインももともと充分に香りがあるので(香りが強いものが多いので)、自然とその香りを嗅いでみたい、楽しんでみたいと誘われるのだと思います。

     

    そうして香りの魅力に惹かれると、そこには新しい世界が待っている。というのは大げさかもしれないけど、僕はお茶を飲んで、香りを味わおうと意識すると、なんというか五感が目覚めさせられるように感じます。

     

    眠っていた細胞が、香りをキャッチしようとして、起きてくるような。脳も、知覚を総動員して受け止めているように。それからは、緑茶を飲んでも、日本酒を飲んでも、たとえおとなしいものでも自然と香りを意識するようになりました。

     

    紅茶やウーロン茶が緑茶の魅力を広げてくれるように思えます。

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    高木園Webサイトはこちら
    www.takagien.co.jp
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM