<< 紅茶の香りに誘われて | main | 台湾お茶事情3・・阿女茶楼でお茶 >>
2018.08.30 Thursday

お茶のおいしい淹れ方は?

0

    辻調理教室の辻静雄さんが勉強ための食べ歩きを始めたとき、最初にアドバイスを受けた評論家の方に「私が推薦するレストランで食べる料理を必ずしもあなたは調理できなくても構わない。調理の技術より大切なのは味の記憶なのです。

     

    その記憶を他の人にちゃんと伝えることが大事」というようなことを言われます。その話を読んだときはふーん、と思っていたけど、この頃とても納得させられることです。たとえばお茶のおいしい淹れ方などを教えたり、自分で身に付けたいと思ったときに。

     

    どういうことかというと、日本茶インストラクターなのでおいしいお茶の淹れ方を公民館や学校の体験授業などで僕たちも教えるのですが、大抵は、緑茶であればお湯を冷まして、茶葉がほどよく開いた頃に、濃さが均等になるように注ぎ、最後の一滴まで注ぎきる・・・。

     

    こんなふうに話しています。こういったルールを毎回厳密に実行して、湯温を図ったり、茶葉の量もきちんと計量して、待ち時間もタイマーをみて。そういう具合にきまじめに練習を重ねていくうちに、だんだんといちいち温度やお茶の量を量ったりしなくても、適量、適温で淹れられるようになっていく。

     

    そういったアプローチが言ってみれば上達の一般的方法かもしれません。でも一方で、そんなきっちりじゃなくても、とにかく数多くお茶を淹れ、飲む。量をこなすというか。

     

    そうして、あ、今日のお茶はおいしいな、あるいはとても苦いなあ、どうしてこんなに渋いんだろう。などと失敗もたくさん経験していく中で、びっくりするくらいおいしくそして香りもじゅうぶんに感じられる。そんな感動するようなおいしさに出会うことがあります。

     

    そのお茶が本来持っていた魅力というか可能性というか底力というか、それを自分が引き出せた。お茶ってこんなにおいしいんだ、ともいえるような。そんな経験をしたら、その味や香りがその人にとってのそのお茶の基準、モノサシになるはずです。

     

    そしてそのおいしさを再現しようと毎日お茶を淹れるようになる。それは日常の中になんというかささやかなダイヤを掘りおこすような、不思議な期待をもたらしてくれます。

     

    これはウーロン茶「黄金桂」ですけど。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    高木園Webサイトはこちら
    www.takagien.co.jp
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM