<< お茶のおいしい淹れ方は? | main | 台湾お茶事情・・ティバッグ入りのボトル飲料 >>
2018.09.18 Tuesday

台湾お茶事情3・・阿女茶楼でお茶

0

    JUGEMテーマ:コラム

    台北市からタクシーで1時間弱でたどり着いた観光名所九分は、雰囲気があってとにかく素敵だと言われ、ガイドブックに掲載されている阿女茶楼の写真なども美しいのですが、実際に行ってみるとたくさんのお店が狭い通路の両側にところ狭しと並んでいる。

     

    台湾ならではの工芸品やお茶はもとよりお菓子、デザート、食事をする店がいったい何軒あるのだろう。なんとかいう豆腐のニオイがとてもきつくて閉口しましたが。

     

    ここはもともとは9軒くらいしか民家のないさびれたところだったのに、金山が見つかって元気になり、その後有名な映画の舞台となって、さらに宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」のモデルらしいという話も広まり、そんなわけで、赤い提灯が灯る夕暮れ時ともなると抒情的雰囲気が増して、大変な人だかりです。

     

    それはともかく、その阿女茶楼でお茶を飲んできました。お店の人が眼のまえでいわゆる茶藝をやってくれて、ああ台湾へ来てるんだ、という印象を持ちました。ちょっとちがうけれど、鉱山が見つかったことで栄えたという話は、山形の銀山温泉なんかといっしょだなあ、と感じながら。

    聞香杯(もんこうはい)といって香りを楽しむ茶碗です。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    高木園Webサイトはこちら
    www.takagien.co.jp
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM