<< アッサムティと「ゆたかみどり」の相似性 | main | 茶道入門して2ヶ月 >>
2018.11.25 Sunday

セイロンティ、ディンブラと「やぶきた」の共通性

0

    アッサムティのオレンジペコー(大きな葉っぱの上級品)を飲み続けていた時、コクがあってまろやかで、それもスケールの大きなまろやかさとコクを感じ、それでいて渋味がとても少ないことに南九州を中心に栽培されている緑茶品種「ゆたかみどり」のイメージが重なった。

     

    まあ、おなじ品種でも加工の仕方や栽培地の標高や日照時間のちがいによってずいぶんテイストがちがってくるだろうからもちろん一緒くたにはできないけれど。「やぶきた」よりも大柄なたっぷりした味わい、数日間遮光をすることで渋味が少ないこと、などが共通項のように感じました。

     

    これと同じようなことが、セイロンティのディンブラと、牧ノ原など平地でつくられる「やぶきた」にも言えるように思います。スリランカで採れる紅茶、セイロンティにはもちろんたくさんの種類があります。

     

    主に高地で育つハイグロウンティのウバ、ヌワラエリヤ、ディンブラ。中腹で栽培されるミドルグロウンティのキャンディ。低地でつくられるローグロウンティのルフナなどで、標高の高いところで育つお茶ほど香りがよく、味も澄んでいる。

     

     

    ウバはメンソールのようなサロメチールのような香りをもつけど渋味も強い。ヌワラエリアは、日本の高地で採れる緑茶に近い、爽やかな香りとキリッとした渋味を伴う。そんな個性的なハイグロウンティの中にあって、ひとりディンブラだけが、香りこそおとなしいけど、ソフトでやわらかな味をもち、渋味も少ない。

     

    この女性的とも言えるティストが日本の紅茶市場においても、多くの人に好まれる魅力=The紅茶として支持されているようです。アッサムティのようなたっぷりとした味わいはないけれど、繊細で優しい顔を持つ。

     

    それは日本の緑茶のスタンダードといえる牧ノ原など平地でつくられる「やぶきた」がもつほどよいコクと甘味をもちながら、わずかの渋味が作用して爽やかな後味を残す。それゆえに毎日飲み続けても飽きることがない。という事情に似ていると思うのです。この仮説、間違っているかなあ?

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    高木園Webサイトはこちら
    www.takagien.co.jp
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM