<< 茶道入門して2ヶ月 | main | 初釜で濃茶にカルチャーショック >>
2018.12.27 Thursday

ほっとする時間の意味

0

    本店をリニューアルしました。すぐ近くにあったショッピングセンター内の支店が、SC自体の老朽化により閉店することになったため、これまでお茶詰め工場兼配達準備室の体であった本店を、お客様がゆっくりとお買い物ができる店にしようと。

     

    閉店したリスポ店のようにソフトクリームやドリンクを楽しめるようカウンターやソファも設け、また路面店の入りにくさをカバーするため、わざわざ来店したくなるよう、意匠にも気を遣っています。

     

     

    ソファの背もたれの壁面に、いわき市出身の日本画画家山野辺進さんの絵をパネルにしたものを、季節によって掛け替えたり、天井や壁のクロスも吟味した色とデザインを選びました。

     

    来店されるお客様にはできるだけ、座ってお茶を召し上がっていってもらうのですが、やはり立ったままお茶を飲んで帰られるのとはずいぶんちがうみたい。お店に入ってきたときよりも、表情が和んで穏やかに感じられるから。

     

     

    ああ、お茶を飲むって、やっぱりいいことなんだなあ、とお茶の時間のもたらす意味を今更ながら確認させられる思いです。

     

    僕たちはお茶やお菓子を販売しているけれど、本当はお客様がほっとする時間を、そのための素材を提供している。そういう当たり前のことをつい忘れがちで、そのことをくつろいで過ごしていくお客様から教えられています。

     

    JUGEMテーマ:グルメ

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    高木園Webサイトはこちら
    www.takagien.co.jp
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM