<< ほっとする時間の意味 | main | セイロンティと日本の水の相性 >>
2019.01.17 Thursday

初釜で濃茶にカルチャーショック

0

    遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

     

    これは昨年の稽古の時の写真ですが。

     

    お茶(茶道)を習っている社中の初釜なるイベントに一年生として参加しました。茶室の前の控え室で先生や先輩に挨拶して、おとそを頂いたら、草履を履いて庭へ出て手と口を清め、茶室へ入る。掛け軸を眺め、花を愛で、坐ると、炉という小さな囲炉裏に炭を加え、そのあと、先生が濃茶を点てる。

     

     

    この濃茶というのをもちろん話では知っていたけど、実際に飲んだのは初めてで、まあコーヒーのエスプレッソのようなものだろうと想像していたのですが、そんなものじゃなかった。まず、その濃さにびっくり。だってドロドロなんだもの。

     

    先輩たちは、終了後の新年会でも今日の濃茶はおいしかったと口々に言っていましたが、ちょっとしたカルチャーショックだった僕には、とてもゆっくり味わう余裕なんかなかった。でも、たしかにあんなに濃くて(緑色の絵の具をゆるくといだくらい)、それでいて苦くないというのは、よっぽど上等の抹茶なんだろうと思っていたら、やはり100g1万円以上とのこと。

     

     

    濃茶のあとに、お薄が点てられ、こちらはふだんの稽古で飲んでいるので抵抗なくおいしく頂きました。お茶の前には、もちろんお菓子がでて、花びら餅や茄子の砂糖漬けをいただく。こうしてお菓子やお茶を細々としたルールに則って楽しみ、2時間ほど過ごしましたが、なかなかユニークな体験でありました。

     

    JUGEMテーマ:社長日記

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    高木園ネットショップはこちら
    www.takagien.co.jp
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM