<< 初釜で濃茶にカルチャーショック | main | 鉄観音・・烏龍茶普及の背景 >>
2019.01.29 Tuesday

セイロンティと日本の水の相性

0

    九州や北海道、台湾なんかよりも一回りおおきなセイロン島はインドの東南に位置する、スリランカという島国でインド、中国、ケニアに次いで世界第4位の紅茶生産国です。標高や茶園の向き(北向きとか東向きとか)によってつくられるお茶の特徴がちがい、いわゆるセイロンティにはさまざまなタイプがあります。


    紅茶に限らず標高と香味には密接な関係があって、一般に高地で育つお茶ほど香り高く、味が繊細(インドのダージリンなどが典型)。低地になるほど、日照時間の長さも影響して葉肉が厚く、したがって濃厚なコクのある味を持ちながら、どちらかといえば香りは弱くおとなしい(インドのアッサムティとか)。

     

    スリランカの茶園の様子

     

    だから、同じセイロンティでもローグロウン(低地で育った)ティのルフナはアッサムティのようにコクがあり、ミドルグロウン(中腹で育った)ティのキャンディはルフナよりは軽やか。


    そして最も高品質のハイグロウン(高地で育った)ティには、キリッとした爽快な香味が持ち味のヌワラエリヤ、ダージリンや中国のキーマンとともに世界三大紅茶に数えられ、メンソールのようなサロメチールのような香りが特徴のウバ、おなじくハイグロウンティでありながら、ヌワラエリアやウバにくらべて、香りはおだやかで味も女性的=ソフトでやわらかいのがディンブラです。

     

    穏やかでやわらかいといっても、なにしろ高地のお茶だから、アッサムティのようなたっぷりした味わいはなく、わずかの渋みを伴いその結果、後味が爽やかです。そんなとがったところもなくパンチもないけれど、バランスがよくて、のみやすい。

     

     

    それは、主観的な比較で言うと、日本の緑茶のやぶきた、それも牧之原あたりでとれる蒸し加減が中くらいのお茶が、もっとも多くの日本人の味覚にマッチしている事情と似通っているように思われます。だから日本の紅茶専門店では、普段使いのおいしい紅茶としてディンブラを提案している店が多いと思う。

     

    大阪の小原春香園の小原社長によれば、日本でディンブラがのみやすく、ヌワラエリアやウバの渋みがきついのは、水の影響もあるそう。


    現地のセイロン島のヌワラエリアやウバの茶園の標高は2千メートルくらい。そこの水は日本の軟水と違ってヨーロッパなどと同じ硬水らしく、その水で飲むと香りも味も素晴らしい。だから何杯でも飲んじゃう。なのに日本の軟水で飲むととっても渋いお茶になってしまう。

     

    お徳用ディンブラTB2g50個入 1080円

     

    ところが、ディンブラは軟水で淹れるとまろやかさが増してとてもおいしい。セイロンティの高品質のお茶のなかで、とりわけディンブラが日本でのみやすい紅茶と評価されるのは、実は水との相性もあるのでしょうね。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    高木園Webサイトはこちら
    www.takagien.co.jp
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM