<< セイロンティと日本の水の相性 | main | フルーティで軽やかな・・・イルガチャフェ・モカ >>
2019.02.15 Friday

鉄観音・・烏龍茶普及の背景

0

    ウーロン茶というものが、大のお茶好きといわず、ごく一般の人に知られ、飲まれるようになった。つまり日本において市民権のようなものを獲得したのはサントリーの缶入り烏龍茶の功績だと思う。

     

    ほのかな甘みがあって、ちょっとだけ渋みがあり、その結果、後味が爽やか。そういったテイスト=味の特徴は、日本人の味覚とぴったりマッチするはずで、そこをちゃんとおさえたから抵抗なく飲まれたのでしょうね。

     

    サントリーがねらった日本人好みの香味、それを実現するには、きっといろんなお茶をブレンドしているのだろうけど、そのブレンドの主原料は鉄観音じゃないかなあ。

     

    お湯を入れるときは少し溢れるくらいに。

     

    僕たちがふだんお茶と言っている緑茶も、紅茶も烏龍茶ももともとは同じ木で、摘んできた葉を空気中の酸素と反応させるかどうかで性質がちがっていく。蒸したり、釜炒りにしたりして熱を加えて酸素と反応させない緑茶は、そのせいで緑色をしている。

     

    反対に、摘んできた葉を放っておいて、萎れさせ、酸素との反応をすすめて作るのが紅茶や烏龍茶です。その反応をおしまいまですすめて作るのが紅茶であり、途中で熱を加えて止めるのが烏龍茶です。

     

    でも途中と言ったってどの辺で止めるのか。30%くらいで止める黄金桂は緑がかった色が、半分近くすすめる鉄観音はそれよりは少し赤みを帯びた緑色。80%ちかく酸化してまるで紅茶のような東方美人は赤茶けた色。

     

    そんな風に酸素との反応の程度が茶葉の色から見て取れますが、それだけでなく、お湯に浸出させた茶液の色も同じようになります。

     

    酸化発酵の程度の低い黄金桂は黄色にちかく、たくさん反応が進んだ東方美人はダージリンのような淡い橙色。そしてその中間くらいの鉄観音は色も中間ぽい、黄金桂よりは赤味があって。

     

     

    鉄観音の産地は黄金桂とおなじ中国福建省。黄金桂の特徴は、乳香と言ってミルクのようなやわらかなあまい香りとあじをもち茶液の色もいわれてみれば黄金をおもわせる澄んだ綺麗な黄色で、このお茶はなんといっても女性に人気です。

     

    対して、鉄観音は同じような甘い香りを持ちますが、ほんのわずかの渋みがあり、とてもすっきりした後味で、こちらは敢えて言ったら男性的な感じがします。食事をしながらとか、甘いお菓子を食べながら、なんてときは、鉄観音がぴったりです。

     

    鉄観音が持つ味の特徴と、飽きの来ないおいしさを緑茶におきかえたら、やっぱりやぶきたが思い浮かんでしまう。紅茶ならそう、ディンブラだと思うなあ。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    高木園Webサイトはこちら
    www.takagien.co.jp
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM