<< 鉄観音・・烏龍茶普及の背景 | main | 取引先とのかけがえのない関係 >>
2019.03.13 Wednesday

フルーティで軽やかな・・・イルガチャフェ・モカ

0

    僕たちが学生の頃(というと今から40年も前ですが)、アルコールランプといっしょになったサイフォンをつかって、家庭で珈琲を淹れていた人は結構いたと思います。喫茶店や珈琲専門店で豆を買ってきて、手挽きのミルでゴリゴリ挽いて。なんというか、そうしてちょっと手間をかけて珈琲を淹れることは、とてもわくわくした時間だったような気がする。

     

    そんなふうに、よくわからないなりに珈琲というものに興味を持ち始めた頃、お店の人に聞いて覚えた産地ごとのおおまかな特徴は、酸味の強い珈琲と苦みの強い珈琲があって、酸味の強い豆の代表的な産地はモカ(エチオピア)とキリマンジャロ(タンザニア)であり、苦みの代表はマンデリン(インドネシア)である。

     

    酸味の強い珈琲は、比較的焙煎が浅く、だからすっきりしていて、苦みが強い珈琲は、どちらかといえば深煎り気味なので、しっかりとしたコクがある。その酸味と苦みのチャートのまんなか近くで少し酸味よりなのがコロンビアやガテマラ、ちょっと苦みよりなのがブラジル、ど真ん中がブルーマウンテン(ジャマイカ)なのだと。

     

    これはサイフォンじゃないけれど。

     

    ブルーマウンテンは、単一の産地の豆でありながら酸味と苦みのバランスがとれていて、とても飲みやすい。生産量が極端に少ないせいもあって、希少価値がつき、今でもそうですが、破格の値段で売られていました。

     

    ところで、いわゆるブレンドコーヒーは、このまん中周辺のブラジル、コロンビア、ガテマラあたりをベースにして、バランスのとれた飲みやすさをもたせ、その上で、ブレンドの個性を発揮するために、酸味の王様モカや、苦みばしったマンデリンを加えてつくられる。

     

    こういった珈琲の香味の説明はもちろんまちがってはいないだろうけど、ちょっと大まかすぎるし、品質や栽培管理の仕方などによって有良農園が評価されるスペシャルティ珈琲が普及してきた現在では、該当しないこともたくさんあります。その典型が、イルガチャフェ・モカです。モカと言ったら酸味の強い珈琲というイメージが大きく裏切られるから。

     

    フルーティで軽やかで、これがモカ?という顔をされるお客様の多いこと。どんな人にもおいしいといわれるから、店頭で提供する1杯250円の珈琲にもこのイルガチャフェ・モカを使っています。繊細でしつこくなくて、飽きの来ないおいしさは多くの日本人が好む味だと思います。

     

    JUGEMテーマ:コラム

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    高木園Webサイトはこちら
    www.takagien.co.jp
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM