<< フルーティで軽やかな・・・イルガチャフェ・モカ | main | 海苔でご飯を食べるとき、醤油をつかう? >>
2019.03.25 Monday

取引先とのかけがえのない関係

0

    村上春樹さんは、何度もノーベル文学賞にノミネートされている現役の小説家ですが、実は翻訳もたくさんなさっている。それで同じようにアメリカ文学を訳している柴田元幸さんと翻訳について話しあった本の中で、こんなことを言っています。

     

    「たとえば、僕がレイモンド・カーヴァーの翻訳をやっている。僕はそのときカーヴァーにとってかけがえのない翻訳者だと感じるわけです。考えてみればこれは不思議な話です。というのは、翻訳者こそいくらでもかけがえがある(他の人が訳すことができる)と思えるから。

     

    で、どうしてそう感じるのかというと、テキストがあって、読者がいて、間に仲介者である僕がいるという、その三位一体みたいな世界がある。僕以外にカーヴァーを訳せる人はいっぱいいるし、あるいはフィツジェラルドを訳せる人もいる。

     

    しかし僕が訳すようには訳せないはずだと、そう確信する瞬間があるんです。かけがえがないというふうに、自分では感じちゃうんですよね。一種の幻想なんだけど。」

     

    で、何を言いたいかというと、このテキスト=翻訳の対象となる本を生産家やメーカー、翻訳者をその生産家や商品に感動してそれを紹介したいと思っている自分に置き換えてみる。すると、いっしょにしちゃうのはおこがましいけど、僕にも同じように感じられるときがあります。

     

    これはムジカの堀江さんがスリランカのホテルで。

     

    大阪へ出張するたびにムジカティへお邪魔して、紅茶やワインを飲みながら堀江さんにスリランカの紅茶を日本へ個人輸入するようになった経緯や、子どもの頃リプトンの青缶を買ってくるようおつかいにいかされた、そんなエピソードを聞いているとき。

     

    スリランカの茶園

     

    35年間無農薬無化学肥料で梅作りをしている龍神梅の寒川さんご夫妻が10年かけて山=土が肥沃に変わったと話されたとき。有明海で視界に収まらないほどの広い海苔の養殖風景を目にしたとき。いわきからブラジルへ渡り、世界中に評価される珈琲をつくった下坂さんの体験談に耳をかたむけたとき。

     

    そういう話、ひとに出合い、こころが充たされ、胸がいっぱいになると・・・自分だからこそ伝えられるメッセージがあるように思ってしまうのです。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    高木園Webサイトはこちら
    www.takagien.co.jp
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM