<< 取引先とのかけがえのない関係 | main | 失敗しないお茶の買い方提案 >>
2019.04.11 Thursday

海苔でご飯を食べるとき、醤油をつかう?

0

    年に一度、海苔の仕入れのために九州、柳川を訪ねるようになって5年くらいになります。海苔の収穫はお茶とよく似ていて、種をつけた網を海に浸し、新しい芽が伸びてきたら摘み取る。摘み終えた網を海に戻すと、10日くらいでまた芽が伸びてくるので同じように摘む。

     

    その作業を3回くらいおこないます。回数を重ねるたびに海苔は少しずつ硬くなり、甘みも少なくなっていく。最初の柔らかくて味ののった海苔を一番摘み、あるいは初摘みと言いますが、これは新芽のお茶を一番茶、ひと月後の二回目の芽を二番茶と呼び、品質も最初ほど優れている事情といっしょです。

     

    網に種をつける作業だと思う。

     

    私どもがお世話になっている仕入れ先は、数ある海苔メーカー(海苔問屋)の中でも、ほとんど初摘みしか扱わないところで、つまりほんとうにおいしい海苔しか入札しない。そのなかの選りすぐりをいつも好意的に分けてもらっています。

     

    今年も3月に訪ね、午前中は、社長と常務と3人で食べながら海苔を選び、夜は楽しく食事をしてきました。その食事の席で出てきた話が、海苔でご飯を食べるときに醤油をつかうかどうか、ということです。

     

    干潮時、海苔が海上に現れたところ。

     

    僕がお客様に、有明の初摘み海苔は、おにぎりやお醤油をつけてご飯と食べてもおいしいけど、何しろあまくとろけるように柔らかいから、何もつけないでそのまま召し上がってください、とコマーシャルしていると話したら、「え、海苔でごはんを食べるときに醤油をつけるんですか?」と社長が言い出しました。

     

    これにはびっくりしたなあ。「だって、醤油をつけたら、醤油の味しかしないでしょう。有明海苔のおいしさがわからなくなっちゃうでしょう」と。言われてみれば確かにそのとおりです。鰹を食べるのにニンニクといっしょだと鰹よりにんにくの味のほうがつよくなるのとおなじかもしれない。

     

    もっとも社長は子どもの頃から有明の初摘み海苔しか食べないできたからそうなったようにも思えます。午前中に食べながら今年販売する海苔を決めたときは、価格帯に応じて、下の方から見ていくのですが、価格が上がるにつれて、艶のある色や光沢とともに、有明のり特有のパリッとした歯切れの良さ、とろけるようなやわらかさ、コクのある甘みが増していく。

     

    そして最上級品となると、口のなかでおいしさが一杯にひろがって、いつまでも余韻が続く。まるで玉露を飲んだ時のように。確かにあんな味をからだで覚えたら、醤油はつけないよなあ、とは今これを書きながら納得したことです。

     

    JUGEMテーマ:社長日記

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    高木園Webサイトはこちら
    www.takagien.co.jp
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM