<< 失敗しないお茶の買い方提案 | main | 冷茶から入ってお茶好きに >>
2019.05.08 Wednesday

ジャンルをまたいだ味覚のグループ

0

    あまり厳密でなくても、たとえば、ほどよいコクがあって、わずかのキレがあって、つよいインパクトはないけれど飽きの来ない味のグループ(と言うと何だかビールみたいですが)。この仲間は、緑茶の「やぶきた」、紅茶のセイロンティ「ディンブラ」、烏龍茶の「鉄観音」、コーヒーの「イルガチャフェ・モカ」あたり。

     

    で、それがなんていうか、多くの日本人の味覚にいちばんフィットする、受け入れられやすい味のように思います。和食のテイストにしても、桜の花の淡いピンクの美しさにしても、私たちは、強いパンチのあるものよりは、少し抑えた加減、そういうものになじみやすいみたい。

     

    今年は桜の見頃が寒かったので、比較的長く愉しむことができましたが、特別な名所に行かなくても、公園でも道端でも、遠くに見える山に咲く桜も、毎日のように見ることができて、その美しさにどうしてこんなに充たされるのだろう、と思ったものです。私たちの身体の中に太古から培われ受け継がれてきた感受性がそう感じさせるのでしょうか。

     

    ところで、味覚のグループとしてもうひとつあげると、まろやかでパンチもあって、渋みがない。その結果、全体にふくらみのあるまあるい味というイメージが、緑茶なら「ゆたかみどり」、紅茶なら「アッサム」、烏龍茶なら「黄金桂」、コーヒーだと「コロンビアのサンアグスティン」あたりでしょうか。

     

    アッサムオレンジペコーはおいしいですよ。

    赤ワインをジャンルとして加えると、こちらのグループに「メルロー」というやわらかいブドウ品種が、前のグループに「カベルネ・ソーヴィニヨン」かなあ。こっちを好きな人もたくさんいると思うなあ。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    高木園Webサイトはこちら
    www.takagien.co.jp
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM