<< セイロンブレンドの傑作に感動 | main |
2019.07.11 Thursday

ゆたかみどりと深蒸し茶

0

    ゆたかみどりといったら、南九州を中心に育てられ、全国の7割を占めるやぶきたについで栽培されている緑茶品種です。まあ、パソコンの世界で云ったらやぶきたがウインドウズで、ゆたかみどりがマックといったイメージでしょうか。で、この品種は、今でこそ九州地方でさかんにつくられているけれど、最初はそうじゃなかったみたい。

     

    寒さには弱いけど、樹勢といって樹の勢いが強く、味が濃く、香りもある。ただどうにも渋みが強かった。それを、玉露やかぶせ茶のように遮光といって覆いを掛けて一週間くらい太陽の光があまりあたらないようにしたら、渋みが少なく、青みのある濃い味わいのお茶になった。

     

    鹿児島県有明町ゆたかみどりの茶園です。

     

    この話は、全国一のお茶所静岡の牧之原で深蒸し茶がつくられるようになった経緯ととても似ているように感じました。今でこそ、お茶は水色といってお湯に浸出させた茶液の色がグリーンが鮮やかで、渋みが少なくマイルドな味わい。そういうお茶が好まれるけれど、以前はそうじゃなかった。

     

    静岡にかぎらず、標高の高いところで、朝晩の気温差が大きく、近くを清流が流れ、朝霧が立つ。そのようないわゆる山のお茶は、日照も十分じゃないから、葉肉が薄く、したがって味はそうじて淡泊。

     

    静岡県本山:山のお茶です。

     

    けれども、やさしい甘みと上質な渋みのあいまった澄んだ味わいと繊細な香りが楽しめる。そんなお茶が上級茶に共通する特徴でした。それにくらべて平地であることからさかんに太陽の光をたっぷりとあびてまるまる太った里のお茶は、味が濃い。

     

    でもとっても苦渋みがつよくて、二級品扱いをされていたそう。これを蒸し時間を倍くらいにして、そうするとお茶がくずれて粉っぽくなるからその後の作業工程である揉むことをあまりしないで仕上げた。その結果、渋みが少なくマイルドなお茶ができあがった。

     

    深蒸し茶でつくったティーバッグです。

     

    それが深蒸し茶です。粉々になって組織が壊れ、葉緑素が浮かんでいるのが鮮やかな緑色の理由ですが、これがまた美味しそうに見えるんですね。そんなこんなでゆたかみどりも深蒸し茶も人気を博していき今に到っている。

     

    それで、何を言いたいのかというと、この二つのお茶は、いずれももともとは渋みが強くて不人気だったのが、栽培方法や加工のしかたを工夫することで、課題である強烈な渋みを克服し、その結果市場に受け入れられていった。その歩みがよく似ているなあ、と。あんまりそんなこという人少ないみたいだけど、そうだと思うなあ。違うかなあ。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    高木園Webサイトはこちら
    www.takagien.co.jp
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM