<< ゆたかみどりという品種の魅力 | main | 紅茶とワインと香り >>
2020.02.25 Tuesday

企業の依頼でお茶の淹れ方教室

0

    JUGEMテーマ:社長日記

    日本茶インストラクターなので、お茶の淹れ方教室の依頼が時々あります。どちらかというと公民館や福祉関係などが多く、参加者も比較的高齢のかたが多い。みなさんお元気で、お茶の淹れ方はもとより健康効果の話になるとこちらが教えられることが多いくらい。

     

    賑やかで楽しくてそれはそれでよいのですが、日本茶ファンを増やしていく、という点から見ると、たとえば小さいお子さんがいるお母さんや、企業で働くような20代から40代くらいの方に伝えていきたいと思うようになりました。

     

    前にも書いたことですけど、お母さんがお茶をおいしく淹れると、お子さんの味覚が育つ。家族が集まることが自然と増える。そしてお母さん自身のリラックスタイムにもなります。同じようなことが職場でもいえるんじゃないかと思っていたところへ、企業(東洋システムさん)から、依頼がありました。

     

    オファーの内容は、お客様が見えたときにお茶を出すのだけど、その味や濃さが淹れる人によってだいぶちがう。それを誰がやっても同じようにおいしく淹れるにはどうしたらよいか教えて欲しい、というもの。事前の打ち合わせをして感じたことは、本来日常茶飯といわれるような急須でお茶を淹れる行為が、あんまり日常的になっていないことでした。

     

    淹れる人によって味が違うのは本当は当たり前で、でも問題になるのは、味のばらつきが大きいからでしょう。それは習熟度の問題です。そうなのだけど、どう進めていったらいいかなあと2,3日悩んだ末、出した結論は淹れ方そのものよりも、緑茶や烏龍茶や紅茶の香りや味に感動してくれるようにもっていくこと。

     

    それで、ライトユーザーを想定して、渋味が少なくまろやかな鹿児島の緑茶まどか、甘い香りと味で女性ファンが多い黄金桂という烏龍茶、和製ダージリンを思わせるフルーティな香りの川根紅茶を選びました。この選択が当たったと思う。最初のうちこそ緊張気味だったのが、お茶淹れを自分たちでやり出したころから、きゃあきゃあと歓声があがり、大喜びだったから。

     

       濃さが均等になるように廻し注ぎをしているところ。

     

    香りを利く聞香杯も受けていました。技術の習得も大事ですが、それ以前に味の記憶だと思う。お茶が与えてくれる豊かな味わいと時間をからだでおぼえたら、そのおいしさを再現したいと何度も試みるでしょう。そうしていつの間にか技術が身についていくってのが理想的じゃないかなあ。

     

    今回の教室で、私自身もいろいろな学びや気づきがありました。依頼先の東洋システムさま、担当の北さん、参加された皆さんに感謝しています。ありがとうございました。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    高木園Webサイトはこちら
    www.takagien.co.jp
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM