2019.03.25 Monday

取引先とのかけがえのない関係

0

    村上春樹さんは、何度もノーベル文学賞にノミネートされている現役の小説家ですが、実は翻訳もたくさんなさっている。それで同じようにアメリカ文学を訳している柴田元幸さんと翻訳について話しあった本の中で、こんなことを言っています。

     

    「たとえば、僕がレイモンド・カーヴァーの翻訳をやっている。僕はそのときカーヴァーにとってかけがえのない翻訳者だと感じるわけです。考えてみればこれは不思議な話です。というのは、翻訳者こそいくらでもかけがえがある(他の人が訳すことができる)と思えるから。

     

    で、どうしてそう感じるのかというと、テキストがあって、読者がいて、間に仲介者である僕がいるという、その三位一体みたいな世界がある。僕以外にカーヴァーを訳せる人はいっぱいいるし、あるいはフィツジェラルドを訳せる人もいる。

     

    しかし僕が訳すようには訳せないはずだと、そう確信する瞬間があるんです。かけがえがないというふうに、自分では感じちゃうんですよね。一種の幻想なんだけど。」

     

    で、何を言いたいかというと、このテキスト=翻訳の対象となる本を生産家やメーカー、翻訳者をその生産家や商品に感動してそれを紹介したいと思っている自分に置き換えてみる。すると、いっしょにしちゃうのはおこがましいけど、僕にも同じように感じられるときがあります。

     

    これはムジカの堀江さんがスリランカのホテルで。

     

    大阪へ出張するたびにムジカティへお邪魔して、紅茶やワインを飲みながら堀江さんにスリランカの紅茶を日本へ個人輸入するようになった経緯や、子どもの頃リプトンの青缶を買ってくるようおつかいにいかされた、そんなエピソードを聞いているとき。

     

    スリランカの茶園

     

    35年間無農薬無化学肥料で梅作りをしている龍神梅の寒川さんご夫妻が10年かけて山=土が肥沃に変わったと話されたとき。有明海で視界に収まらないほどの広い海苔の養殖風景を目にしたとき。いわきからブラジルへ渡り、世界中に評価される珈琲をつくった下坂さんの体験談に耳をかたむけたとき。

     

    そういう話、ひとに出合い、こころが充たされ、胸がいっぱいになると・・・自分だからこそ伝えられるメッセージがあるように思ってしまうのです。

    2019.03.13 Wednesday

    フルーティで軽やかな・・・イルガチャフェ・モカ

    0

      僕たちが学生の頃(というと今から40年も前ですが)、アルコールランプといっしょになったサイフォンをつかって、家庭で珈琲を淹れていた人は結構いたと思います。喫茶店や珈琲専門店で豆を買ってきて、手挽きのミルでゴリゴリ挽いて。なんというか、そうしてちょっと手間をかけて珈琲を淹れることは、とてもわくわくした時間だったような気がする。

       

      そんなふうに、よくわからないなりに珈琲というものに興味を持ち始めた頃、お店の人に聞いて覚えた産地ごとのおおまかな特徴は、酸味の強い珈琲と苦みの強い珈琲があって、酸味の強い豆の代表的な産地はモカ(エチオピア)とキリマンジャロ(タンザニア)であり、苦みの代表はマンデリン(インドネシア)である。

       

      酸味の強い珈琲は、比較的焙煎が浅く、だからすっきりしていて、苦みが強い珈琲は、どちらかといえば深煎り気味なので、しっかりとしたコクがある。その酸味と苦みのチャートのまんなか近くで少し酸味よりなのがコロンビアやガテマラ、ちょっと苦みよりなのがブラジル、ど真ん中がブルーマウンテン(ジャマイカ)なのだと。

       

      これはサイフォンじゃないけれど。

       

      ブルーマウンテンは、単一の産地の豆でありながら酸味と苦みのバランスがとれていて、とても飲みやすい。生産量が極端に少ないせいもあって、希少価値がつき、今でもそうですが、破格の値段で売られていました。

       

      ところで、いわゆるブレンドコーヒーは、このまん中周辺のブラジル、コロンビア、ガテマラあたりをベースにして、バランスのとれた飲みやすさをもたせ、その上で、ブレンドの個性を発揮するために、酸味の王様モカや、苦みばしったマンデリンを加えてつくられる。

       

      こういった珈琲の香味の説明はもちろんまちがってはいないだろうけど、ちょっと大まかすぎるし、品質や栽培管理の仕方などによって有良農園が評価されるスペシャルティ珈琲が普及してきた現在では、該当しないこともたくさんあります。その典型が、イルガチャフェ・モカです。モカと言ったら酸味の強い珈琲というイメージが大きく裏切られるから。

       

      フルーティで軽やかで、これがモカ?という顔をされるお客様の多いこと。どんな人にもおいしいといわれるから、店頭で提供する1杯250円の珈琲にもこのイルガチャフェ・モカを使っています。繊細でしつこくなくて、飽きの来ないおいしさは多くの日本人が好む味だと思います。

       

      JUGEMテーマ:コラム

      2019.02.15 Friday

      鉄観音・・烏龍茶普及の背景

      0

        ウーロン茶というものが、大のお茶好きといわず、ごく一般の人に知られ、飲まれるようになった。つまり日本において市民権のようなものを獲得したのはサントリーの缶入り烏龍茶の功績だと思う。

         

        ほのかな甘みがあって、ちょっとだけ渋みがあり、その結果、後味が爽やか。そういったテイスト=味の特徴は、日本人の味覚とぴったりマッチするはずで、そこをちゃんとおさえたから抵抗なく飲まれたのでしょうね。

         

        サントリーがねらった日本人好みの香味、それを実現するには、きっといろんなお茶をブレンドしているのだろうけど、そのブレンドの主原料は鉄観音じゃないかなあ。

         

        お湯を入れるときは少し溢れるくらいに。

         

        僕たちがふだんお茶と言っている緑茶も、紅茶も烏龍茶ももともとは同じ木で、摘んできた葉を空気中の酸素と反応させるかどうかで性質がちがっていく。蒸したり、釜炒りにしたりして熱を加えて酸素と反応させない緑茶は、そのせいで緑色をしている。

         

        反対に、摘んできた葉を放っておいて、萎れさせ、酸素との反応をすすめて作るのが紅茶や烏龍茶です。その反応をおしまいまですすめて作るのが紅茶であり、途中で熱を加えて止めるのが烏龍茶です。

         

        でも途中と言ったってどの辺で止めるのか。30%くらいで止める黄金桂は緑がかった色が、半分近くすすめる鉄観音はそれよりは少し赤みを帯びた緑色。80%ちかく酸化してまるで紅茶のような東方美人は赤茶けた色。

         

        そんな風に酸素との反応の程度が茶葉の色から見て取れますが、それだけでなく、お湯に浸出させた茶液の色も同じようになります。

         

        酸化発酵の程度の低い黄金桂は黄色にちかく、たくさん反応が進んだ東方美人はダージリンのような淡い橙色。そしてその中間くらいの鉄観音は色も中間ぽい、黄金桂よりは赤味があって。

         

         

        鉄観音の産地は黄金桂とおなじ中国福建省。黄金桂の特徴は、乳香と言ってミルクのようなやわらかなあまい香りとあじをもち茶液の色もいわれてみれば黄金をおもわせる澄んだ綺麗な黄色で、このお茶はなんといっても女性に人気です。

         

        対して、鉄観音は同じような甘い香りを持ちますが、ほんのわずかの渋みがあり、とてもすっきりした後味で、こちらは敢えて言ったら男性的な感じがします。食事をしながらとか、甘いお菓子を食べながら、なんてときは、鉄観音がぴったりです。

         

        鉄観音が持つ味の特徴と、飽きの来ないおいしさを緑茶におきかえたら、やっぱりやぶきたが思い浮かんでしまう。紅茶ならそう、ディンブラだと思うなあ。

        Calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << May 2019 >>
        高木園ネットショップはこちら
        www.takagien.co.jp
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM