2017.05.08 Monday

お客様との恋愛の日々

0

    この間も書きましたが、毎日飛び込み営業(お盆の返礼品の)をしています。最初、チラシと挨拶文と試食サンプルを同封したのをもって、ご挨拶してお渡しし、2回目は、実際の商品一式を抱えてお邪魔する。玄関先でプレゼンテーションというか、ミニ展示会をやらせていただきます。

     

    おとといから、この二度目の訪問、いってみれば第二ステージにはいりました。一度目の訪問の感触を○とか×とか△。そのときのお客様との話題、印象等も記録しておいて、2回目は○印のお家から再訪していく。

     

    丁重に断られることもあれば、にこにこと迎えてくれて、お客様がたくさんお話になり(1時間近くなることも)、その場で注文をくださることもあります。このときの会話が、お客様と親密な関係を育てると思う。

     

    亡くなった方の思い出や、ふだんの人付き合いや、葬儀やお盆で心配なこと、いろんな話題が出て。ああ、そうだなあ、人ってこうして心を通わすのだろう、そう感じさせられるひとときです。

     

    受注にはつながらなかったけれど、わざわざ2回も訪ねてくれた熱心さに、なんとか応えたいと、広げた商品の幾つかをお求め頂くことも。おうちで漬けた梅干しをごちそうになったりして。

     

    こんな風に、フラれたり、受け入れられたり、一日になんども気持が沈んでは高揚し、まるでたくさんのお客様との恋愛しているみたいで、そんな日々があと2ヶ月くらいつづきそうです。

     

    昨年から人気のフルーツゼリーです。

    2017.05.05 Friday

    「ひよっこ」が楽しみ

    0

      4月から「べっぴんさん」に変わって「ひよっこ」がはじまりました(NHKの朝ドラの話です)。茨城県奥茨城というと眷襪搬膸劼△燭蠅そうなのでしょうか。そこを舞台に家族愛と友情を柱にしながらヒロインの成長していく姿を描いている(のだと思う)。

       

      主役の有村架純ちゃんも、母親役の木村佳乃さんも、父親役の沢村一樹さん、おじいさんに扮する古谷一行さんと、役者は粒ぞろいですが、それを活かすもそうでなくしてしまうのも脚本で、それを書いているのが「ちゅらさん」を書いた岡田さんです。

       

      だからおおいに期待していたら、本当によいのです。オリンピックを前に、高度成長の波に乗り始めた時代の雰囲気がディテールを丁寧に再現しながら色濃くでている。出稼ぎに出ていた大好きなお父さんがどうした理由か行方不明になってしまい、田舎に残るつもりでいた主人公は上京して働くことになる。

       

      そのあたらしい環境での出来事が目下進行中です。工場の敷地内にある寮の6人部屋で大げんかの後、枕投げをしたりして、笑いあり涙ありの物語が、これから半年間楽しませてくれること請け合いと思います。

       

      ひよっこのHPはこちら・・・http://www.nhk.or.jp/hiyokko/

       

      2017.04.25 Tuesday

      商いの原点か、と・・・飛び込み営業をして

      0

        「こんにちは。小名浜の高木園といいます。失礼ですが、こちらで今年新盆とお聞きしまして、お盆の時の返礼品のご案内にうかがいました。・・・」という調子で、家族の誰かを亡くしたお家が初めて迎えるお盆(=新盆)の際、香典を包んでくる人へのお返しを提案する。そういった営業活動を今月の上旬から始めています。

         

        中には知り合いやお客様の場合もあるけれど、訪れる家の8割くらいは初めてです。訪ねられる方も、頼みもしない商売人が売り込みに来るのだから、やはり警戒をする。そうしてごく自然に発生する怪訝な顔を前にして、3分くらいで、自己紹介をし、簡潔に用件を伝え、宣伝をして帰ってくる。

         

        そのわずかの時間のあいだに、お客様の表情が、不安から安心へ、ときに笑顔に変わったりします。そして、そうなったお客様の3人にひとりくらいは注文をくださいます。もとより結果が大切ですけど、毎年やりながら思うことは、こういった飛び込み営業には、どこか商いの原点のようなところがある、ということです。

         

        初めてのお客様と、気持が通い合い、関係が育っていく。その手応えに喜びと自信と充実感を覚えます。インターネットやスマートフォンが普及した現代の電子取引の時代においては、はなはだ原始的だと言われそうではありますが。

         

        毎年返礼品の人気No.1の紀州の梅です。

        Calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << September 2019 >>
        高木園Webサイトはこちら
        www.takagien.co.jp
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM